神奈川ストーマ研究会について

 神奈川ストーマ研究会のホームページへようこそ。

 私は令和元年7月より研究会の会長に就任しました池 秀之です。

 

 昭和44年に神奈川県では全国に先駆けて、オストメート団体「互療会」が設立されました。

 昭和56年3月に神奈川ストーマ研究会が開催され、昭和58年7月に神奈川ストーマリハビリテーション講習会が開催されました。この研究会、講習会の運営を行っていますのが当神奈川ストーマ研究会です。

 本研究会は日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会の地方会と認定され、現在、県内の大学医学部、地域の基幹病院の医師、看護師が参加し、ストーマケアの向上、後進の教育について活動を行っています。近年の大腸癌、膀胱癌、前立腺癌などの増加は著しく、ストーマリハビリの重要性はますます高まることが予想されます。また、今後は在宅でのストーマケアにも課題が沢山あると考えています。

 当研究会の活動がストーマ保有者の生活の質の向上につながることを願っています。

 

横浜保土ケ谷中央病院 外科

池 秀之

 


更新情報

2019.7.20 第42回神奈川ストーマ研究会のホームページを公開いたしました。

2019.2.24 2019年度の講習会の募集要項を事務局からのお知らせに掲載いたしました。

2018.6.19 第41回神奈川ストーマ研究会のホームページを公開しました。

2017.4.11 第40回神奈川ストーマ研究会のホームページを公開しました。

2015.6.16 第39回神奈川ストーマ研究会のホームページを公開しました。

2015.6.16 新入会のご案内を公開しました。

2015.6.15 第38回神奈川ストーマ研究会ホームページを公開しました。